ろあん松田に行ってきました。3/3

「ろあん松田に行ってきました。2/3」からの続きです。

黒豆ごはんです

黒豆ごはんです

蕎麦混じりの黒豆ごはんが出てきました。


香の物です

香の物です

香の物には、秋田のいぶし大根のお漬物が添えられていました。ろあん松田のご主人は、秋田県のご出身だそうです。


蕎麦湯

蕎麦湯

塗りの器に、蕎麦湯が入っています。


よもぎ饅頭と蕎麦茶

よもぎ饅頭と蕎麦茶

最後のデザートは、よもぎ饅頭が出てきました。お茶は、お抹茶かそば茶を選択します。私は、そば茶にしました。


スタートから最後のデザートまで、たっぷり3時間。いや、あっという間の3時間でした。酒を飲んでいるせいか、お料理が矢継ぎ早に次々と運ばれてくるように感じましたが、それでも3時間もかかっていたんですね。驚きと感動をたっぷりと堪能させていただきました。

なによりこの「ろあん松田」が、わが町篠山に存在していることを今回体験し誇りに思います。

柴田雅章さんの器の数々

柴田雅章さんの器の数々

ろあん松田でさりげなく使われていた、柴田雅章さん作の器の数々。篠山の芸術家のコラボがこんな形で、、、いや、恐れ入りました。


トイレ拝見!

トイレ拝見!


お雛様が、、、

お雛様が、、、

トイレにも、おひなさまが、、、。


手洗いにまで火鉢が

手洗いにまで火鉢が

おまけに、手洗いにまで手あぶり用の火鉢が置かれているうぅぅ、、、、

いやはや、参りました。降参ですよ、ろあん松田さん!


和室です

和室です

落ち着いた雰囲気のある和室です。今度来るときはここで食べたいなぁ。もちろん、うちの奥さんと一緒にですよ。


カテゴリー: ひとりごと, 丹波篠山ネタ パーマリンク

ろあん松田に行ってきました。3/3 への3件のフィードバック

  1. 福井康文 のコメント:

    わかりました。一度いっしょに飲みましょう。(私はお酒に弱いですが、雰囲気は好きなんです)同級生ですので、福井と呼び捨てで呼んでください。

    酒店の中でも、企業努力をよくしている店としても「やまがみ」はよく知られていて、同級生の私としても誇り高く感じています。

  2. 店主 のコメント:

    福井先生(^_-)、バレてしまいましたね。(笑)
    勝手にリンクしてて済んません。単なる自分の為のブックマークですのでお気を悪くされていたらごめんなさい。

    私と違って体調が悪くても毎日更新されているようでたまに覗かせていただいています。福井先生も「篠山の人づくり」の為に益々のご活躍を期待しています。ご一緒に一杯やれる機会を密かに期待しています。私も夜遅くでないと出にくいので機会があったらぜひお誘い下さいませ。

  3. 福井康文 のコメント:

    お久しぶりです。私のHPリンクしていただいており、誠に光栄です。私もリンクしておきます。

    商売をする者には近年特に厳しい状況ですが、健康に留意してお互いにがんばりましょう。

    「ろあん」はまだ行ったことがありませんが、名前はよく聞きます。一度行ってみたいです。

コメントは停止中です。