昔ながらの「とんど」

100115_0852~01.JPG

町内の集会場の広場で、昔ながらのとんどです。

最近は、土日曜日にとんどをする集落も多いと聞きますが、私たちの町内はかたくなに1月15日と決めています。

朝8時から1時間ほどの短い時間ですが、とんどならではの会話や交流があって楽しいものです。

お互い近所に住んでいるとは言っても、今年初めて顔を合わす人たちとの新年の挨拶やら、子供の書き初めの批評やらでわいわいがやがややってます。

楽しい会話を取り仕切る長老が、一人減って寂しい限りですが、昨年暮れに町内に嫁いできた若嫁さんがお母さんに連れられて「町内初デビュー」をするなど、微笑ましい光景もありました。

カテゴリー: ひとりごと, 丹波篠山ネタ パーマリンク